「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を7つの項目で徹底比較!おすすめはどっち?

トリア LAVIE(ラヴィ) 比較 脱毛器比較
本ページはプロモーションが含まれています。

人気の家庭用脱毛器「tria(トリア)パーソナルレーザー4X」と「LAVIE(ラヴィ)」を7つの項目で比較してみました。

まず大きな違いは脱毛方式。トリアが「レーザー方式」なのに対して、ラヴィは「光方式」の脱毛器です。

今回は家庭用脱毛器(光美容器)を購入する際に基本となる「1.照射パワー」「2.照射面積」「3.照射可能回数」「4.VIO使用可否」「5.顔(ヒゲ)使用可否」「6.冷却機能」「7.価格・保証」を徹底比較しています。

それぞれ良いところ悪いところ包み隠さずお伝えしていきます。これからどちらを買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。

「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」のスペックを比較

まずはトリアとLAVIE(ラヴィ)のスペックを比較してみます。

トリアLAVIE(ラヴィ)
脱毛方式レーザー方式IPL光方式
最大照射パワー22J40J(ジュール)
1㎠当たりの照射パワー22J6.7J(ジュール)
照射面積1.0㎠6㎠(3×2cm)
照射可能回数無制限
(バッテリー寿命まで)
レベル1 ⇒ 10.5万回
レベル7 ⇒ 5,000回
照射可能部位全身
(IOライン、鼻から上は不可)
全身
(粘膜や目の周辺は不可)
美肌機能なしあり
(専用カートリッジに交換)
冷却機能なしなし
レベル調整5段階7段階
重量584g本体:2.0kg
ハンドピース:136g
カートリッジ交換不可
価格(税込)49,800円基本セット:58,000円
美顔セット:63,000円
メーカー保証2年間
(公式サイト購入時)
2年間
返金保証30日間なし

「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を7つの項目で比較しました!

1.照射パワーで比較脱毛効果に影響する照射パワー(ジュール)を比較しました。
2.照射面積を比較1照射でどのくらいの範囲をケアできるのか比較しました。
3.照射可能回数で比較何回くらいの照射が可能なのか、商品寿命の目安を比較しました。
4.VIO使用可否で比較デリケートゾーン(VIO)へ使用できるのか比較しました。
5.顔(ヒゲ)使用可否で比較顔の産毛やヒゲ脱毛に使用できるのか比較しました。
6.冷却機能で比較痛みを緩和する冷却機能があるか、保冷剤等を用意する必要があるか比較しました。
7.価格・保証で比較商品価格、メーカー保証期間、返金保証の有無を比較しました。

上記の7つの項目で、トリアとLAVIE(ラヴィ)を比較してみました。知りたい項目からチェックできるようにクリックして飛べるようになっています。

1.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を照射パワーで比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
最大照射パワー22J(ジュール)40J(ジュール)
1㎠当たりの照射パワー22J(ジュール)6.7J(ジュール)

※1㎠当たりの照射パワー=最大照射パワー/照射面積

1㎠当たりの照射パワーを比較すると、圧倒的にトリアが上回っていることが分かります。

トリアは医療脱毛と同じ「レーザー方式」を採用しているため脱毛効果が非常に高く、「永久脱毛に近い効果が期待できる」とされています。

ラヴィの最大照射パワーは40ジュールですが、1㎠当たりでは6.7ジュールと「光方式」の脱毛器では一般的な数値になります。

脱毛効果を重視するなら、照射パワーが強いトリアの方がおすすめです。

 

2.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を照射面積で比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
照射面積1㎠6㎠(3×2cm)

「レーザー方式」のトリアは凝縮した強いエネルギーを照射する特性上、照射面積が直径1センチほどしかありません。

ワキなどの狭い範囲、ヒゲなどの細かい部分の脱毛には向いていますが、足や腕などの広範囲のケアには向きません。

「トリア」は脱毛効果が高い反面、広範囲の照射は時間が掛かります。

一方でラヴィは照射面積が6.0㎠と、一般的な脱毛器と比べても約2倍のサイズがあります。

取りあとは逆で、細かい部分には向きませんが、足や腕など広範囲のケアでも短時間ですみます。

足や腕など、広範囲のケアは「ラヴィ」の方がスピーディ!

 

3.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を照射可能回数で比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
照射可能回数制限なしレベル1 ⇒ 10.5万回
レベル7 ⇒ 5,000回

レーザー方式のトリアは照射可能回数に制限がありません。内蔵バッテリーが使えなくなるまで何度でも照射可能です。

ただしバッテリーの充電可能数は500回程度、継続して使用できる目安は3~5年ほどになります。

トリアはバッテリーが寿命を迎えても、本体価格の半額で新品と交換してもらえるサービスがあります!(1回限り)

ラヴィの照射可能回数は10.5万回ほどとかなり少なめ。

同じ光方式の脱毛器の照射可能回数が50万回程度ということを考えると、物足りなさを感じてしまいます。

 

4.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」をVIO使用可否で比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
VIO使用可否Vラインのみ可VIO使用可

トリアはVライン(ビキニライン)のみ使用可能です。

残念ながらIライン、Oラインは自分では見えにくいこと、レーザーが色素沈着に反応してしまう恐れがあることから、トリアは使用禁止部位となっています。

ラヴィはVIOすべてに使用可能です。ただしデリケートな部位ですし、粘膜は使用不可となりますので注意が必要です。

VIOのムダ毛ケアをするなら「ラヴィ」がおすすめです。

 

5.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を顔(ヒゲ)使用可否で比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
顔への使用可否鼻より下のみ可使用可
ヒゲへの使用可否使用可使用可
美顔機能なしあり(専用カートリッジ交換)

トリアは鼻より下のみ使用可能です。男性のヒゲへの使用も問題ありません。

ヒゲの脱毛は照射パワーが必要なため、ヒゲが濃い方はレーザー方式のトリアの方がより効果を実感しやすいと思います。

ヒゲの脱毛をするなら、照射パワーが強い「トリア」がおすすめ。

ラヴィは顔、ヒゲともに使用可能。うぶ毛のケアにも効果的です。ただし照射面積が広いため、鼻下のヒゲなど細かい部分の照射は難しいかも知れません。

またラヴィは美顔カートリッジに交換すると、美顔器としても使用できます。

顔のうぶ毛、美顔機能を重視する方には「ラヴィ」がおすすめです。

 

6.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を冷却機能で比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
冷却機能なしなし

トリア、ラヴィともに冷却機能はありません

痛みを感じる場合は保冷剤等で肌を冷やしながら照射してください。

 

7.「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」を価格・保証で比較!

トリアLAVIE(ラヴィ)
価格(税込)49,800円58,000円
メーカー保証2年間(公式サイト購入時)2年間
返金保証30日間なし

メーカー保証はどちらも2年間。一般的な脱毛器の保証は1年間なので、トリア、ラヴィともに充実しているといえます。

注目したいのはトリアに30日間の返金保証があること。実際に使ってみて、気に入らなかった場合は返金してもらうことができます。

高額な商品だし、返金保証があると安心ですね。

 

「トリア」をおすすめの方はこんな人!

  • 脱毛効果を重視する方
  • 脱毛したい部位がせまい方
  • ヒゲを脱毛したい男性

トリアの公式サイトはこちら

 

「LAVIE(ラヴィ)」をおすすめの方はこんな人!

  • デリケートゾーン(VIO)の脱毛をしたい方
  • 美顔機能がある光美容器をお探しの方
  • 日本製の脱毛器を希望する方

LAVIE(ラヴィ)の公式サイトはこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では人気の家庭用脱毛器「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」の違いを7つの項目で比較してきました。

「トリア」と「LAVIE(ラヴィ)」それぞれ特徴がありますので、どちらが自分にあっているのか検討してみてください。